企業情報

関包スチールのあゆみ

1948年 2月

大阪市福島区野田において「関西包装資材工業株式会社」の商号で設立。
資本金1,500,000円にて重包装繊維資材の縫製加工販売を開始。

関西包装資材工業(株)設立
1954年 4月

帯鉄の再生加工設備を新設

帯鉄の再生加工設備を新設
1964年 2月

住友金属工業株式会社・和歌山製鉄所冷延工場稼動に伴い、
和歌山工場を新設し、同年10月に増設。

和歌山工場
和歌山工場 建設風景
1968年 3月 横浜市に東京営業所を開設。
9月 和歌山工場を増設、ベーリングフープの一貫体制を確立。
1969年 5月

住友金属工業株式会社・鹿島製鉄所の稼働に伴い、
茨城県鹿島臨海工業地区に傍系会社「関包スチール工業株式会社」を設立。
同時に関包スチールの東京営業所を関包スチール工業株式会社の京浜営業所として吸収。

鹿島工場設立
1970年 11月

高槻工場を新設。

高槻工場設立

社名を「関包スチール株式会社」に改称。

関包スチール株式会社
1971年 9月 関包スチール工業平井工場を建設、ベーリングフープの一貫生産体制確立。
1972年 6月 広島市に広島営業所を開設。
1974年 4月 高槻工場にフォーミングラインを新設。
建築用鋼製下地材の一貫生産体制を確立、製造販売開始
1976年 1月

関包スチール工業平井工場にフォーミングラインを新設。
建築用鋼製下地材の一貫生産体制を確立、製造販売開始。

建築用鋼製下地材
1979年 4月 新潟に鋼板センターを設立。
8月 和歌山工場にプリントカラーラインを新設。カラー印刷フープの製造販売開始。
1980年 11月 関包スチール工業灘工場完成。
1981年 11月 東北地区の拡販を目的に宮城県岩沼市の工場を譲受、
関包スチール工業 仙台工場としてスタート。
1983年 1月 関包スチール工業押合工場がJIS認可工場に認定される。
2月 高槻工場がJIS認可工場に認定される。
1984年 9月 関包スチール工業京浜営業所を浦安市鉄鋼通りに移転し、東京営業所並びに浦安工場開設。
10月 和歌山工場にオーステンパーラインを設置し、高張力ベーリングフープの生産・販売を開始。
1986年 3月 関包スチール工業東京営業所を浦安市より東京都港区に移転。
4月 広島営業所を広島工場に改称。
10月 福岡市に福岡工場を新設。
1987年 1月 米国テネシー州ナッシュビル市に米国住友商事、
住友商事株式会社と合弁で設立したコイルセンターに技術提供。
12月

愛知県海部郡に住友金属、住友商事、住金物産と合弁で 株式会社エス・エス・シーを設立。

写真
1988年 2月 関包スチール工業本社工場がJIS認可工場に認定される。
6月 大阪市此花区に住友商事と合弁でティ・エス・アイ株式会社を設立。
1990年 1月 関包スチール工業東京営業所を関包スチール東京営業所としてスタート。
1997年 7月 住友金属工業株式会社、住友商事株式会社と合弁で溶融亜鉛めっき鋼板の
メーカーとして株式会社ケイエスガルバを設立。
本社を大阪市西区に、工場を和歌山に置く。
1999年 1月 ティ・エス・アイ株式会社がISO9002を取得、認定工場となる。
3月 明興工業株式会社の全株式を取得、グループに加入。
2000年 2月 株式会社エス・エス・シーがJIS認定工場に認定される。
2001年 9月 新潟関包スチール株式会社がJIS認定工場に認定される。
2002年 8月

関包スチール株式会社本社社屋を大阪市西区靱本町1-6-21に移転。

関包スチール株式会社本社社屋
2003年 1月 株式会社エス・エス・シー建材センターをスタート。(名古屋市港区)
2月 関包スチール株式会社浦安事業所を浦安市千鳥15-30に開設。
11月 関包スチール株式会社堺建材センターを堺市築港八幡町1番地に開設。
12月 株式会社エス・エス・シー建材センターを名古屋市港区空見町31に開設。
2004年 1月

上海市嘉定区に三井物産他3社との合弁で上海翔虎金属有限公司を開設。

上海翔虎金属有限公司
11月 上海事務所を中国上海市興義路に開設。
2006年 10月

福岡県糟屋郡久山町にエス・エス・シー九州株式会社を設立。

写真

バンコック事務所をタイ、バンコック市内に開設。

バンコック事務所
2012年 7月

岩手県奥州市にエス・エス・シー東北工場生産開始。

エス・エス・シー東北工場
2014年 7月

滋賀県甲賀市に滋賀工場生産開始。

企業情報

PAGE TOP